指導員養成

指導員養成コースについて


下記の要項で 指導員養成講座(年4回 1月、4月、7月、10月)を開講します。
インドのヨガ講座(シバナンダヨガTTC)をそのまま日本語で再現します。
人生の目的・生き甲斐を知るヨガの本質を学ぶ充実の6か月間です

《基本募集要項》



2018年10月~2019年3月 シバナンダヨガ指導員養成コース(22期生)

木曜 クラス 6時間 23回 (講義 2時間 実技指導法 1時間 実技 2時間)
午前10時に集合してください。授業午前10時00分~午後4時00分 時間は変更することがあります。

木曜クラス 2018年10月4日開講


¥185,000(通常費用)
【費用 補足】
授業料内訳
費用 備考
申込金 20,000円 全額前払い。
受講料 165,000円 基本授業22回分。テキストを含む。分割払い可。

補助教材
費用 備考
補助教材 実費で別途必要 『ヨーガ入門』『ヨーガ本質と実践』『瞑想をきわめる』


本講座はインドの「シバナンダ・ヨガ」で開講されている「ティチャ-ズ・トレイニング・コース
  (TTC)」に基づき、ヨガの指導者としての、知識、技能を養成するコースです。基本的には日本語
  で 学び、日本語に翻訳した教科書を使用します。

講義は「ヨガ哲学、瞑想、カルマ・輪廻転生、ハタヨガ、解剖生理学、バガバッドギータ、チャン
   ティング」など、ヨガ全般にわたる総合ヨガを詳細に解説します。

また、ハタヨガでは「呼吸法プラナウアマ、太陽礼拝、12種類の基本ポーズとバリエイション」を
   学びます。

「シバナンダ・ヨガ」はヨガの聖典 ヨガスートラ ハタヨガプラディピカ を現代によみがえらせた
   信頼のヨガです。

映像(DVD)および音声(CD)の資料も提供します。

講義実施日はお昼時間を挟みます。昼食は実技の負担にならない軽いものを用意しましょう。

修了試験に合格すれば、大久保ヨガ正食禅の「ヨガ・ティチャ-ズ・トレイニング・コース修了証」を  授与します。

修了後は進路の相談に乗ります。教室を開講したり、インストラクターとして活躍することが出来
  ます。また、当教室のインストラクターになる道もあります。

講義では、ヨガに限らず、生活全般の指導や相談もします。皆さんの「生き甲斐」や「人生の目標」を
   手に入れる助けになるよう構成しています。

指導は全て ヨガマスター大久保が責任をもって指導いたします。



2008.03.09 ATTC卒業記念
マハディバナンダ師と


各国のATTCの仲間
インド・シヴァナンダ・アシュラムにて


インド シヴァナンダヨガアシュラム
ベーダンタ・ギータの先生と生徒


非常にたくさんの気づきがありました。シバナンダヨガの教えに出会えたことは、とても幸運な事でした。
真実を知るためには、どのような選択をするべきか私の中で大きく変化しました。 この考え、シバナンダヨガを多くの人に伝え、自分自身も日々修行をして内なる幸せに気づきたいです。
(16期生)
とても有意義な6ヶ月でした。哲学の難しさに最初は戸惑いましたが、受けてゆくうちに自然と自分の中に入っていき、理解とともに内側が変わり始め、とても不思議な気分でした。人生の考え方にも変化があり、これからが楽しみになりました。ご縁があり、ここに来れた事に感謝しています。
(16期生 R.T.さん)
The last six months have been a very good and intense time of study, physically as well as mentally. I had never studied yoga philosophy before, but these six months showde me that yoga brings together many different aspects of spirituality I have learnd about for many years. Thank you for all you have shared and taught us - and thank you to the class for sharing and learning together.
(16期生 L.K)
あっという間の半年でした。これからが本当の修行の始まりだと実感します。 自分の内面、考え方も変わり、上司との関係も良くなり、売上もアップしてきました。明るく、ポジティブな考えが身につきました。友人にもTTCの受講を薦めています。
(13期生 K.T.さん)
長かったですが、あっという間の半年でした。とても衝撃的でした。ヨガの哲学は、宗教も包括したようで、とても入りやすくスッと落ち着きました。友人の勤める病院が、デイケアを開設します。そこで教えて欲しいといわれています。
(10期生 C.H. さん)
6ヶ月長いようで短かったです。ヨガの哲学は難しかったですが、これから生きていく上で自信のようなものが持てたと思います。ヨガ教え通りにするのは難しいですができるだけ近づけるように心がけたいです。
(10期生 T.N..さん)
ヨガの哲学という思ってもなかった勉強があり、初めは戸惑いました。いままで、命のことや何をするために生を受けたのか、生と死などについて学んだことがなかったのでとても新鮮でした。ヨガの指導者として一人前になれるよう頑張っていきたいと思います。
(6期生 M.U.さん)
振り返ると あっという間の日々でした。毎日たくさんの出来事に翻弄されていますが、全てがいいことであり、そのまま受け入れること、執着しないという教え。ヴェーダンタ哲学を学び、小さい頃からの疑問「私は何」「なぜ生きているか」「死んだらどこに行くのか」などが解消しました。 今後取り組んで行きたいことは「カルマヨガ」です。何かをする時に、当たり前に奉仕できるよう、その行為の結果にとらわれないよう成長したいと思います。 ヨガを勉強すると、身体も心も元気になります。考え方も変わってしまうくらい深い学びです。このことを他人にも伝えられるように、修行して行きたいと思います。
(6期生 C.M.さん)
講義の内容は全く、事前の知識がなく未知の学びだったのでボリュームや内容が私にとって手に余る感じがありました。でも、哲学のようなエンドレスの題材ほど惹かれるものがあり、来世でも勉強する機会に恵まれることを希望します。半年間で自分に自信を持つことができ、とても感謝しています。 (5期生 A. K. さん)
入会して半年目にして養成コースで学ぶことが出来て幸運でした。ヴェーダンタ哲学は、今までの考えや生き方では気付くことができなかった事や新しい考えなど多くのことを学びました。ヨガを通して心身ともに健康であり生き甲斐のある日々を過ごしたいと思います。四月から研修生として新たな気持ちで学んでゆきますのでよろしくお願いいたします。
(5期生 H. H. さん)
あっという間の半年でした。たくさんの気付きがありました。この6ヶ月間で得た気付きは私の一生の宝物になりました。まさに、お金で買えない財産です。また、いくつかの禅のお教えも貴重です。「無心になって、今やるべき事に心を集中させひたすらやること」「とらわれない、かたよらない、こだわらない」こと。これからもどうぞよろしくお願いします。
(5期生 M. F. さん)
講義を終えて・・、半年間の自分の変化を感じました。この半年間で、怒ることも、夫婦喧嘩も、心配することも減り、心が穏やかになり、生きやすくなりました。「私は何をしにこの世に来たのだろう」という問いはこれからも常に考えたいと思います。
(2期生 M. I .さん)
今までの自分は、足りないものを埋めようと、もがいてきました。でも、またすぐ足りないものが出てきます。自分の心の持ちようを変えないといつまでも満たされることはないんだと思いました。遅いかもしれないけれど、そんな大切なことに気付きました。まだまだ、事あるごとに心乱れてしまいますが、ヨガを通して心を整えていきたいです。研修生として残れるのでうれしいです。
(2期生 Y. W. さん)